VACUU・LANとは?

(バキューラン)

 

LANとは、一般的に会社単位や事務所単位などのローカルなエリアでのサーバーを中心とした
コンピュータネットワークのことを意味します。
VACUU・LANは、このような考え方を真空ラインに取り入れたローカルエリアの真空ライン方式です。
 従来、ビル単位のセントラル真空ラインが、多くの研究施設で利用されています。従来の方式では、
一人の研究員が使用する場合でもビル全体のシステムを稼働させなくては成りません。各研究室で、
同時に使用しますのでバルブ開閉により真空度に変動を生じます。それだけでなく色々な化学物質を
吸引するため、配管内で反応が起こる可能性もあります。また、ポンプが故障した場合、ビル全体の
真空ラインが利用出来ない状態に成ってしまいます。
 
 VACUU・LANは、実験室もしくは、実験台単位で、ローカルエリアの真空ラインを構成しますので、
研究者の方が仕事をするエリアだけポンプを稼働すれば良く、とても経済的です。各ユニットには、
逆止弁が内蔵されていますので、バルブの開閉によって、他のバルブに接続されている機器の
真空度に変動を生じません。また、機器相互の化学薬品干渉も発生しません。ローカルなエリア
ですからポンプに故障が発生した場合でも、影響を最小限にすることが可能です。
 ユニット間は、テフロンチューブで接続し、ユニット自身もテフロン系素材で出来ていますので
耐薬品性も非常に高く、モジュールの組み替えも道具を必要とせず簡単に行えます。